MENU

知る人ぞ知るスクールとは?女性が勧める!失敗しないプログラミングスクールの選び方と比較ランキング

2022 4/17

高収入を得るためにエンジニア転職を目指したものの独学で挫折した人は多いでしょう。
そんな人におすすめなのが、プログラミングスクールです。

IT転職に必要なスキルを学ぶことのできるプログラミングスクールですが、選び方を間違えると時間とお金の無駄になってしまいます。

そこで、数あるプログラミングスクールの中から、失敗したくない人におすすめのスクールを独自に調査しました。

アフィリエイト報酬目的で順位が決められた記事情報の多い中、ぜひスクール選びの参考にしてください。

目次

エンジニア転職が人気の理由

昨今のIT技術の発展により、企業経営や業務効率化にはIT技術の導入が不可欠になっています。そのため、プログラミング業務に対応できるようなIT人材が、現代社会では広く求められています。

エンジニアは平均年収が高い

エンジニアの平均年収 全職種の平均年収
569万円 457万円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」2019年

高いITスキルを持つ人材は、企業にとって喉から手が出るほど欲しい人材です。そのため、エンジニアの平均年収は、全職種の平均年収に比べて100万円程高いのです。そして、高収入であるエンジニアは、低所得労働者の転職先として高い人気を集めています。

なお、エンジニアの中でも、フリーランスとして活動するエンジニアは、特に高い収入を得ています。企業エンジニアの中には、企業で業務経験を積み、将来的にはフリーランスエンジニアとして活躍することを目指している人も多くいます。

伸びているが人材不足の業界

ITは、今後も伸び続ける分野であることは間違いありません。企業は、IT技術を導入して功績を上げたいと考えていますし、国もIT技術の導入を推進し、補助金などで支援しています。

しかし、IT業界は人材が不足しているため、仕事を余らせてしまっているのが現状です。実際、エンジニアの求人倍率は7倍以上です。IT業界では、求職者1人に対して7社以上からの求人があるということです。

つまり、IT業界はスキルさえ身につけば、就職しやすい業界です。また、仕事自体が余っている状態なので、フリーランスエンジニアでも簡単に仕事を見つけることができるのです。

プログラミングスクールでスキルを身につける

人手の足りないIT業界では、教育に時間をかける余裕のないので、即戦力となる人材を求められています。

それでは、未経験者や他業種からの転職者希望者は、スキルをどこで手に入れれば良いのでしょう?そこでおすすめなのが「プログラミングスクール」です。

プログラミングスクールでは、エンジニアとして働くために必要な知識やスキルを学ぶことができます。

本やネットを使って、独学で学ぼうと考える人も多いかもしれませんが、ほとんどの人は挫折してしまいます。もしくは、知識が偏ったり、実践的スキルが身につかなかったりで、IT業界就職後に、苦労することになってしまいます。

プログラミングスクール選びのポイント

IT業界の人材不足に伴い、数多くのプログラミングスクールが受講生を募集しています。しかし、スクール選びを失敗すると、スキル不足の人材になってしまいます。

そこで、プログラミングスクールを選ぶ際には、次のポイントをよく考えて、自分に合ったスクール選びをしましょう。

  • スクールに通う目的は何か?
  • スクールで取得できるスキルのレベルはどれくらいか?

例えば、「高収入フリーランスエンジニア」を目指すのであれば、高いITスキルと自己解決力が必要になります。しかし、IT企業への就職を目指すのであれば、ITスキルとチーム開発の知識が必要になります。

また、人材不足であるIT業界では、労働環境が過酷といえる企業も少なくありません。いくら高収入を得ることができても、それが長時間労働による結果であれば、体を壊してしまいます。

IT企業に就職するのであれば、優良企業を選ぶためのサポートが必要で、フリーランスエンジニアを目指すのであれば、フリーランスとしての正しい働き方を学ぶ必要があります。

なお、スクール選びで最も比較されやすい「受講料」ですが、他業種よりも平均年収が約100万円も高いエンジニア職です。受講料は、給料としてすぐに返ってきます。今後の人生への投資と割り切って、自分に合ったスクールを冷静に探しましょう。

【ガチで調査!】初心者向けの失敗しないプログラミングスクールランキング

それでは、絶対に失敗しないおすすめのプログラミングスクールをランキング形式で3校紹介していきましょう。3校とも卒業生からの評価が高く、人気も実績のあるプログラミングスクールです。

1位 ウェブカツ

ウェブカツの特徴

  • 運営者は現役エンジニアとして未経験から1年で年収1万以上を稼いでいるノウハウを元にカリキュラム化されている
  • 目標は、年収1,000万円のフリーランスエンジニア
  • 受講生の27%が現役のエンジニア
  • 最新技術を学べる
  • 稼ぐことに特化した教育カリキュラム
  • 受講料が月額制
  • コスパの良いプログラミングスクール
ウェブカツの解説
ウェブカツは、稼げるエンジニア育成を掲げるプログラミングスクールです。
スクール卒業後には、IT企業での実務を経験し、将来的には年収1,000万円のフリーランスエンジニアを目標としています。実際、卒業生の中には年収1,000万円を達成した人が何人もいます。

 

それもそのハズで、運営者は現役エンジニアとして未経験から1年で年収1万以上を稼ぎ業界で話題となり、大手携帯会社のシステム開発や最新のEdTechやAdTech業界ベンチャーでリーダーやプロジェクトマネージャーをされてきた方で、元々こちらのスクールは個人で運営をされていた様です。

ご自身は元不動産と生命保険の営業やファイナンシャルプランナーをされていて、業界未経験からITエンジニアとして勉強をし実際に業務に従事してきた経験から

「書籍や現状のスクールカリキュラムには無駄がとても多い」
「実務に即したカリキュラムがない」
「フリーランスとして技術だけでなく営業や法務・税務、お金の知識も必要不可欠」
「技術追求型の職人ITエンジニアでは稼げない」

と立ち上げたスクールが、今やフリーランスエンジニア専門のプログラミングスクールとして業界最大級までに成長しています。
SNSでは辛口で怖いイメージを持つ人もいるみたいですが、かなりイケメンでイクメンなんですよね♪
エンジニアって気弱で職人気質な人が多くて、お金=汚いというイメージをよく持ってますし、内気な人が多いので、こういう元営業や事業家気質の人って嫌煙されちゃうもんなんですよね( ´Д`)/

ウェブカツの教育カリキュラムでは、稼ぐことを目的としたスキルを学ぶことができます。
学べる内容は、エンジニアが稼ぐために必要な最新技術です。これからのIT業界で活躍するために必要なITスキルを学ぶことができるので、スクール卒業後も長く活躍することができます。

しかし、IT業界は最新技術のスキルを身につければ稼ぐことができるほど甘い世界ではありません。新しい技術の元となっている基礎知識が必要ですが、ウェブカツは、稼げるITエンジニアに必要な基本スキルも幅広く学ぶことができます。

新しい技術といっても言ってしまえば、これまでの技術の組み合わせでしかありません。ウェブカツは、基礎をしっかりと学ぶことができるので、卒業後に新しく別のスキルを学ぶ必要があっても、応用的に学ぶだけで良く、すぐに身につけられます。

また、オリジナルのカリキュラムを謳い文句に受講生を募っているプログラミングスクールは多くありますが、ウェブカツは「教育の質」に重きを置いています。そのため、必ずしも個人個人に合わせたオリジナルのオーダーメイドカリキュラムである必要はないと考えています。

ちなみに、ウェブカツは将来的にフリーランスエンジニアを目指す教育カリキュラムが組まれているので、海外の富裕層でも当たり前に身につけられている「稼ぐ・守る・増やす」といったマネー知識を軸にITスキル以外の営業、起業や税務・法律に関する知識、資産形成までも学ぶことができます。

そのため、多くの現役エンジニアが在籍しているのもウェブカツの特徴です。

講義は、オンラインで完結し、個人の空き時間に学習を進めていくことになります。学習教材は、多くの卒業生から高い評価を得ています。

なお、ウェブカツの受講料は月額制なので、気に入らなければ途中で辞めることもできます。他社のスクール受講生は、高額な受講料を事前に支払い、不満があっても勿体無いので最後まで受講します。しかし、ウェブカツは違います。この事実こそが、ウェブカツの教育カリキュラムへの自信を物語っているといえるでしょう。

同じ様な月額制スクールはいくつか存在しますが、蓋を開けてみると「入会金が10万、20万と高額」「月額2,980円と安いがカリキュラムレベルがとても低い」といったものばかりですが、ウェブカツでは入会金もなく安価にも関わらずカリキュラムレベルが初心者レベル→転職可能レベル→フリーランスで稼げるレベルまでと高いレベルまで網羅されています。

ウェブカツは無駄な広告費・運営費が極限まで削られてコスパがいい

ウェブカツはコスパの良さも大きな魅力です。他社のプログラミングスクールは50~90万円ほどで半年間学ぶことができますが、ウェブカツは27万円で1年間学ぶことができます。これは、教育の質が悪いから安いわけではなく、コストを極限まで抑えている結果だといえます。

一般的に、プログラミングスクールの受講料が高い理由は、「受講生の成長に関係のないコスト」がかかっているためです。プログラミングスクールは、多くの人が通いやすい繁華街に教室を用意し、生徒達のちょっとした質問にいつでも答えられるよう多くの講師陣を雇います。そして、広告塔として有名芸能人を起用し、多額の宣伝費を掛けて受講生を募集しています。

しかし、ウェブカツはオンライン講義で完結できるため、教室の確保や大量の講師陣は必要ありません。また、営業や広告費など「受講生の成長に関係のないコスト」を極力省いています。これが、ウェブカツの受講料が安く抑えられている理由です。

口コミでの評価が高いため、宣伝をしなくても受講生が集まってくることも要因の一つだといえます。実績があるからこそ受講生が集まり、それにより経営が成り立っているといえるでしょう。

実際に一般の学習塾でも昔はマンツーマン指導というものが流行っていましたが、今では「スタディサプリ」などのオンライン動画のみで学べて力がつけられる時代ですから、あえて高いお金を支払ってまで講師に直接教えてもらう必要はないでしょうね。

ウェブカツは転職斡旋でお金儲けをしていない

また、他社のプログラミングスクールの中には、「卒業後に、IT業界へ転職できなかったら受講料を返金します」といった転職保証のあるスクールもあります。そういったスクールには、卒業生の転職先として提携企業を斡旋し、企業からは紹介料を貰うという「からくり」があります。

そのため、仕組み上利害関係が必ず生まれてしまうため、スクール卒業後には望まない企業へ転職を余儀なくされてしまったり、斡旋先の企業側にとってはメリットでも受講生にとってはデメリットとなる本音のカウンセリングは出来ず公平性にとても欠けたものとなっています。

そういった現状から一般の就職斡旋業界でも、企業からの報酬は貰わず相談者から報酬をもらう形式で斡旋はせずに公平に相談者にとって有益となるアドバイスだけを行なっている会社も増えてきています。

同じく、ウェブカツは転職先の斡旋などはなく、個人に合った就職先を利害関係なく公平公正に相談でき、十分なサポートを受けられます。

しかも、他社のプログラミングスクールがIT企業への転職までをサポートするのに対し、ウェブカツはIT企業への転職だけでなく、その先のフリーランスとしての稼ぎ方までを含めてサポートを受けられます。

これらの特徴が「ウェブカツはとてもコスパの良いプログラミングスクール」だと言われている所以です。

ウェブカツの評判

総合評価★★★★★(5)


もと

タイトル:良質なスクール
評価:★★★★★(5)

内容がサーバーサイドは細かい仕組みから教えていて、フロントエンドも主流になってきているReactやVueが学べます。
あとLaravelやFuelPHPとはまた書き方が違うWordPressもわかりやすく学べます。
全体的に幅広く、各技術要点をしっかり抑えて教えてくれ、自走力が身につきやすい感じです。
応用的なこととかモダンな技術(Reactの最近の書き方とかTypeScriptやSPAなど)は教えてはいませんが、それらは卒業試験合格できるくらいの基礎があれば現場入って調べながらやれば1ヶ月あれば対応できます。
私も実際卒業して今1年ちょいですが、常駐のフリーランスSEで980万ほど年間稼げています。
あとは起業するにあたって色々としっかりとした考え方が学べるのも良いですね。現に私も自分でサービスを運営していて月10万くらいは稼げるようになりました。


ニドキング

タイトル:フリーランス エンジニアを目指してる方には最適
評価:★★★★★(5)

WEB業界への転身を目指しはじめた時に、SNS上で有名になっていたがきっかけでした。
無料で仮入部ができるとのことで一旦カリキュラムを確認してみると、地に足をついたカリキュラムになっており即決で入部しました。
はじめにHTML,CSS,JavaScript,PHPの基礎的なところから教え、その技術のみで1つのwebサービスを構築する講座があり、それを経験しないとフレームワークなどのモダンでよく使われる技術の講座を受講できないようになっています。
未経験にありがちな、すぐに最先端の技術を使って、原理がよくわからないまま進めるということをうまく防いでいるやり方で、よく考えているなと感動しました。
実際の現場では本質を理解した上での修正、開発がおおよそを占めているので、現場で通用する人材を育てるカリキュラムになっています。
また全ての講座を受講した後に、卒業試験という、実際に個人受託したという場合を想定し、一人で案件を進めて開発し納品するというものがあります。
実際の仕事を想定しているので、技術の使い方や不具合の対処のみではなく、顧客の要望を想定し交渉し、システムに落とし込んで、テストで品質を確認し、納品するといった、一連の流れを実践レベルで身につけることができます。
また技術のみでなく、「WEBマーケティング」や「営業」「起業」に関することも学べ、ただWEB系企業に転職できるスキルだけでなく、個人で稼いでいく上での本質も教えており、将来フリーランスで高単価を目指している方にとっては最適なスクールだと思います。
実際に現役エンジニアの方でもウェブカツ で学び直している方も大勢いて、ウェブカツ を通して高単価を取得した方もいます。
受け身で学ぶのではなく、自ら意欲的に成長したい方には良いスクールだと思いますので、興味のある方は一度、無料の仮入部員からやってみて判断されても良いと思います。


POND

タイトル:ウェブカツを卒業してみた感想
評価:★★★★★(5)

私はウェブカツを利用する前にprogateとTech A〇〇〜 というスクールに通ってから受講しました。そこではあまりスキルは付かず途方に暮れていました。
ウェブカツに出会って、実際に通ってみて何ができるようになったかと言うと一人でWebサービス開発を行えるようになった点です。またwordpressを含めたWeb制作のスキルももちろんのこと実際の現場を想定しての環境構築(gulp, webpack, npm, yarn, composer, …..などなど)にも触れており、保守性高く書くためのオフジェクト思考やCSS設計、JavaScriptの深い言語仕様まで身に付けることができたといいけれます。スキルだけでなく仕事の取り方まで丁寧に教えて頂き営業、Webマーケ、起業の仕方を教えていただける素晴らしいスクールでした。
卒業試験もあり合格するとツイッター集客ツールが貰えたり、高単価フリーランスになる為の裏技まで教えて頂けます。
他のどのスクールよりも良いと断言しておきます!!

ウェブカツをおすすめしたい人

ウェブカツは、数多くのプログラミングスクールの中でも特徴的なスクールです。そんなウェブカツをおすすめしたいのは、次のような人です。

  • 高収入を得るためにIT転職を考えている人
  • 自分のペースで確実にスキルを取得したい人
  • 独立を考えている人

ウェブカツは、フリーランスエンジニアを視野に入れた教育を行っているため、求められるスキルレベルは当然高くなります。しかし、せっかくプログラミングスクールに通うのに、誰にでも簡単に身につけられるスキルを学んでも意味はありません。低レベルなスキルを身につけても、すぐに追い抜かれるだけです。

ウェブカツは学習教材の評価が高く、多くの実績がある信頼できるスクールです。ITスキルゼロの初心者でも、挫折することなく卒業することができます。

実は、独学でプログラミングを学んだ人や他社のプログラミングスクール卒業生の中には、IT企業就職後、学んだスキルが実務で役に立たず、苦労している人が多くいます。

しかし、ウェブカツは最新技術はもちろん、ITエンジニアに必要な基本スキルを確実に身につけることができます。しかも、付け焼刃的なスキルではなく、実践的なスキルを学ぶことができるため、IT企業に就職した後も安心して働くことができます。

就職先に関しても、ウェブカツには進路相談という名の就職サポートも用意されているため、心配する必要はないでしょう。むしろ、望まない企業に無理やり斡旋されることもないので、就職後の不安も少なくて済みます。

なお、将来的に独立を考えている人には特におすすめのスクールです。他校であれば、IT業界で実績を積んだ後、改めてフリーランスとしての働き方を学ぶ必要があります。しかし、ウェブカツなら一度にまとめて学ぶことが可能です。

ウェブカツ卒業後は、個人で稼ぐスキルも身についているため、企業エンジニアとしての経験を積みながら、副業でフリーランスエンジニアとして仕事することもできます。企業で働きつつ、副業が軌道にのってきたら独立するというのも良いでしょう。

ウェブカツは「稼ぐこと」に特化したスクールです。IT業界で稼ぎたいと考えている人のスクール選びには、ウェブカツがおすすめです。

もしも、ウェブカツの受講を考えているけど不安を感じている人がいれば、まずは無料で登録できる「仮入部をしてみると良いでしょう。オリエンテーション動画では、プログラミング学習を挫折せず、達成させるための科学的な方法を解説しています。

ウェブカツのスコア
コスパ スキル 就職斡旋 独立 収入

 

2位 tech boost

tech boostの特徴

  • 最新技術を学べる
  • オーダーメイドカリキュラム
  • 現役エンジニアによるメンタリング
  • 通学・オンラインのプランから選択
tech boostの解説
tech boost(テックブースト)は、ヒアリングを基に個人に合ったオーダーメイドカリキュラムを現役のエンジニアと共に学ぶことのできるプログラミングスクールです。大きな特徴として、AIIoTブロックチェーンといった最新の技術の中から1つを選択して学ぶことができます。

なお、メンターは全てIT業界で現役で働くエンジニアなので、これからIT業界への就職を目指している受講生にとっては、貴重な話を聞くチャンスともいえます。

また、講義は教室で受けるかオンラインで受けるか好きな方を選ぶことができます。教室は渋谷のみですが、直接会って教えてほしい人や仲間と一緒に切磋琢磨しながら学ぶことができます。

tech boostの評判

総合評価★★★★☆(4)

ナオ

タイトル:テックブーストは初心者でも安心です
評価:★★★★☆(4)

私はプログラミングスクールをはじめて利用しましたが、入学する前はある程度スキルのある方限定のスクールと思っていました。しかし、実際は私のような初心者でもオンラインで安心して学習することができました。


nii

タイトル:IT未経験でも学習できました
評価:★★★★★(5)

僕はパソコンやWEBなどのIT知識に乏しいのですが、キラキラしたIT業界に興味がありプログラミングを学ぶことにしました。そんな中見つけたのがテックブーストというプログラミングスクールで、色々調べて良さそうだったので応募しました。
自分は仕事をしながらテックブーストで学習をしたので、結構大変でしたが、オンラインで質問を受け付けてくれたり、勉強ができるオフィスを無料で利用できたのでなんとか学習を進めることができました。
全くITの知識がなかった僕でもだんだんと分かってきて、楽しく学習をすることができました。


ジョナサン

タイトル:tech boostはマンツーマンが売りだけど教材に難がある
評価:★★★☆☆(3)

tech boostは課題をクリアすることで次々に技術を学んでいけるんですが講師の方と一対一でお話して課題をクリアすることが出来るのは、1週間のうち一回だけなんです。ここが問題でして、テキストなどで疑問に思ったことを解決できるのが一週間のうち1回だけなんです。つまりこの一回だけの時間にすべての疑問を解決できなければ、現在、課されている課題がクリアできない上にとてもその課されている課題が講師の方がいる一時間と言う時間では解決できない点が問題であるということです。マンツーマンで課題を一緒に講師の方とクリアしていくということについては満足なんですが、問題は課題を手伝ってくれる時間も限られているため、これはよほど熟達した能力をはじめから備えている人物ではない限りこの教室には来ないと感じました。その為、一つの技能を学ぶのにかなり時間を有し、一応それなりに技能を身につけたと思いますが、満足のいく結果であるかと言われるとそうではなく、その理由は技能を身につけるまでに遠回りさせられていると感じたのです。要は1週間のうち1回と言う回数ではなく3回とか講師の方が来てくれたらなと言うことです。その他の曜日はメンターと言う素人の方が講師がわりなので質問しても答えが返ってこず無駄であることが多かったということです。

tech boostをおすすめしたい人

tech boostは、最新技術を個人に合わせたカリキュラムで学べるスクールです。そんなtech boostをおすすめしたいのは、次のような人です。

  • 就職後はIT業界の最新技術を扱いたい
  • 何から学べばいいかわからない
  • 人とコミュニケーションしながら学びたい

tech boostはIT業界の最新技術を学ぶことができ、それに合わせてプロがカリキュラムを提案してくれます。最新技術を学びたいけど、IT業界で必要なスキルはよくわからないといった人にはtech boostがおすすめです。

また、独学で学ぶことやオンラインで黙々と学習するのが苦手という人は、教室に通ってメンターや仲間とコミュニケーションを取りながら学習を進めていくことができます。

なお、プログラミングスクールを卒業して、就職できる企業の中から最新技術を扱う企業を探すのであれば、ベンチャー企業になる場合が多いでしょう。軌道に乗るまでのベンチャー企業は、低賃金ですが、少数精鋭で仲間同士の繋がりの強い職場が多いです。

tech boostは、やりがいを重視した働き方を希望する人に、おすすめのプログラミングスクールだといえるでしょう。

ただし、月額制とは謳われているものの「入会金が高額」な点が少しネックかもしれませんね。

tech boostのスコア
コスパ スキル 就職斡旋 独立 収入

 

3位 DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPの特徴

  • 目的に合わせてコースを選択
  • 実践的な教育カリキュラム
  • メンターに質問し放題
  • 安心の就職サポート
DMM WEBCAMPの解説

DMM WEBCAMPは、目的に合わせてコースを選ぶことができ、通学とオンラインの両方で教育を受けることができます。

教育カリキュラムは、IT企業就職後を想定していて、実践的なスキルを身につけることができます。また、メンターに質問し放題なので、不明点があればすぐに解決することができます。

DMM WEBCAMPは、就職サポートに定評があり、提携したIT企業に斡旋するのではなく、自己分析から履歴書の添削、面接対策など就職活動を細かくサポートしてくれます。その結果、DMM WEBCAMP卒業生の転職成功率98%を誇っています。

DMM WEBCAMPの評判

総合評価★★★★☆(3.5)

aki

タイトル:レベルの高いプログラミングスクールです
評価:★★★★☆(3.5)

Ruby、JavaScript、AmazonWebServiceを利用したカリキュラムが組まれております。
DMM WEBCAMPではメンターや講師の方はいますが、原則自分自身で考えてカリキュラムを進める形になっており、高い自己解決能力が求められます。メンターや講師の方は現役のエンジニアの方と学生の方が半々程度ですが、レベルは高く就職した際の先輩社員や上司社員雰囲気で、自己解決を促す形で指導やアドバイスをしてくださいます。
カリキュラムは、教本に則ったものを1〜2ヶ月実施した後に、自分自身でポートフォリオを作成する形となっており、特にポートフォリオ作成は自分自身で新たなサービスを考えて設計し実装までする形になるため、かなり気合を入れないと最後まで対応していくことが難しいです。最後まで履修対応することで就職・転職支援を受けることができますので、ほぼ100%に近いかたちでシステム開発関連の企業に入社することができます。
DMM WEBCAMPは他のプログラミングスクールよりレベルは高いですがそのぶん実践的、かつ就職・転職支援もあることからおすすめのプログラミングスクールです。


福永活也

タイトル:素人の私でも、自分の会社のホームページを作ることができるようになれました
評価:★★★★☆(4)

私は個人事業主の立場で、複数のビジネスを展開しています。しかし、それぞれのビジネスでホームページを立ち上げるにあたって、専門のホームページ制作業者に依頼していたため、経済的に負担を感じていました。
そこで、DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)でプログラミング技術を習得することにしたのです。
DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の良い点は、ソースコードを書くことだけを教えてくれるだけではなく、データベースとの連携や設計書の作り方なども教えてくれたことです。
さらに、自分で実践的にホームページを作っていたとき、何度か壁にぶつかってしまったのですが、そんなときは現役のエンジニアの人がコーチとしてついてくれていたことが本当に良かったと思っています。自分が理解できるまで、コーチにオンラインビデオチャットで質問をすることができ、アドバイスをしてもらうことができたため、挫折することなくプログラミング技術を習得することができました。そして、データベースとの連携なども理解できたことから、実務的なスキルを身につけることができました。
とても感謝しています。


Amagasaki

タイトル:初心者コースはあくまでプログラムの導入的な内容
評価:★★★☆☆(3)

新型コロナウイルスの影響で本業の収入が大幅に減少してしまった為、何か手に職をつけて新たな食い扶持を探さなければと思いプログラミング教室に通って見ることにしました。なんとなく名前的にも聞いたことがあり、調べたところの評判も悪くなかったため、DMM WEBCAMPの初心者向けコースであるskillsに参加することにしました。このコースの目的は受講者が理想のキャリアを実現することに徹底してコミットするということでしたが、正直授業内容は こういったスクールに入らなくてもドットインストールやプロゲートなどのweb学習サイトなどでも習得できるような内容でした。
私が受講したコースはhtml,cssなどのWEBサイト制作を習得するコースでしたが、基本的なマークアップの授業に終始して、模擬サイトを作っておしまいというものでしたので、わざわざ講師の方がいらっしゃるスクールのカリキュラムとしては物足りないと感じました。基礎から先生に学びたいという方には向いているかもしれません。

DMM WEBCAMPをおすすめしたい人

DMM WEBCAMPは、IT企業への就職を充実したサポートで実現してくれるスクールです。そんなDMM WEBCAMPをおすすめしたいのは、次のような人です。

  • 未経験からIT業界に就職したい
  • 就職活動を支援して欲しい
  • 1人でやり切れる自信がない

DMM WEBCAMPは、IT業界への就職を目指す人におすすめのプログラミングスクールです。教育カリキュラムもIT企業での実務を想定しています。

また、スクール卒業後の就職サポートが充実しているため、就職活動に自信のない人におすすめのスクールです。

そして、仲間やメンターと協力して学習をすすめていくスタイルなので、独学で挫折した経験のある人にはいいかもしれません。

なお、受講生の中にはDMM WEBCAMPのカリキュラムでは物足りないと感じる人もいるようです。一人前になるまでは、IT企業就職後も必要なスキルを学び続ける必要があるかもしれません。

そのため、高収入を目的にIT転職を目指してる人や、フリーランスエンジニアを考えている人には、合わないかもしれません。あくまでも、「IT企業への就職」を目指す人におすすめのプログラミングスクールといえるでしょう。

DMM WEBCAMPのスコア
コスパ スキル 就職斡旋 独立 収入

 

アンケート調査概要

  • 調査目的:プログラミングスクールの調査及び、優良スクールの選出
  • 調査対象:日本国内
  • 調査実施期間:2022年1月度
  • 調査人数:106人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

都内勤務のフロントエンドエンジニア。初心者の方向けにブログを更新中。webに萌えてもっと楽しく、もっと素敵に!

目次
閉じる